紹介予定派遣も転職も、最終的には企業に雇用される点は同じです。転職する前の見極め期間として、派遣という雇用形態をとるのが紹介予定派遣で、最初から企業に就職するのが転職です。個人によって選択の基準は違いますが、未経験やキャリアチェンジが比較的受け入れられやすく、入社する前に職場の雰囲気・仕事内容など、会社との相性を「働きながら判断できる」などの点が紹介予定派遣の特徴です。また、紹介予定派遣の場合は、実際に働き始めるまでの期間が短く「すぐ働き始められる」ことから、効率のよい転職の手段として利用する方も多いようです。

決して不利にはなりません。2004年3月の法改正で、より企業側が紹介予定派遣を利用しやすくなったことで、紹介予定派遣の仕組みの認知が進んでいます。試用期間を社員として働くのか、派遣社員として働くのかという違いにすぎません。それよりも、紹介予定派遣であれば、実際に働く現場に派遣という形態で入社し、自分に合う仕事かどうかを見極められる大きなメリットがあります。

紹介予定派遣の派遣期間は、最長6カ月と決められています。一般的な採用の「試用期間」にあたり、平均3〜4カ月程度というケースが多いようです。最終的には、アデコと派遣先企業との契約によって決まります。派遣先企業・就業スタッフ・アデコの三者で合意があれば延長も可能です(ただし、最長6カ月)。

雇用条件などの確認のためにアデコの営業担当者と共に派遣先企業を訪問していただきます。紹介予定派遣に限り、履歴書・職務経歴書の提出や採用面接・試験を行うことがあります。選考や試験がある場合は、アデコからご連絡いたします。自己アピールの機会となりますので、きちんと準備をして臨んでください。

社員として採用された後の想定年収、入社後のキャリアモデルケース、福利厚生などの待遇に関しての条件提示などがあります。ただし、企業によって提示内容の詳細が異なりますので、事前に営業担当者にご確認ください。

紹介予定派遣に関するお問い合わせ先 サービスや登録に関するご質問・申し込みについては、こちらをご確認ください。:新しくウィンドウが立ち上がります